初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味 > ロードバイクのメンテナンス > 続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・


最近流行りの自転車・ロードバイク
買いたいけど何を選べばいい?
何を言っているのか、用語がさっぱり分からない。
そんな方のために情報発信していきます。



【このブログの人気記事】
1位 続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・
2位 " deuter Race EXP Air " を背負いし者
3位 夜間走行の安全性を考えてみる(その4)


ロードバイクのメンテナンス

続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・

 
先日の記事で宣言しましたとおり「ブッシュ&ミューラー(BUSCH+MULLER) CYCLESTAR サイクルスター 901/2 サイクルミラー」を買いました。
昨日Amazonで頼んだら今日届いてしまうという速さはさすがです。
ロードバイク

早速あけてみたところパーツ4点と取付工具1点と説明書。
ロードバイク
斜に切った部品同士がねじの締め込みによってずれることで、ハンドルパイプ内に固定される方式のようです。

早速取り付けてみました。
取り付けは簡単で、5分もかからず完成です。
ロードバイク

バックミラー

実際に乗車したときの目線からミラーを見るとこんな感じです。
バックミラー

ペダルを漕いでいるときは、太ももが後ろの景色を半分くらい隠すこともありますが、概ね視界は良好です。
どうせじっと直視するものではないですし、きれいに景色が写るので問題なしです。

「後方確認は目視で」というのが基本中の基本ですが、初心者の場合、体と首をひねって後方を確認することは楽な動きではありません。
バックミラーがあれば、ミラーのチラ見で常時後方の情報を知ることができますので、実際に車線変更等の前に目視で確認する場合に、ミラーで得られなかった情報だけ確認すればよいのでずいぶん楽になります。
そういう意味でも、バックミラーは初心者のために必要な装備ではないかと思います。
バックミラーを付けると、周囲の交通情報が増えるので、一般道を走る機会がある人であれば、ベテランでも取り付けたほうが良いでしょう。

ちなみに、今回はついでに「ベル」も付けました。
これは決して歩行者に対して鳴らすものではないですよ。
こちらの存在に気づかずに幅寄せしてくる自動車とか、路地から出てこようとする自動車の運転手に「私が来ていますよ」ということを知らせるために取り付けたものです。
あと、私は出る予定はないのですが、公道を使ったエンデューロなどでは、レギュレーション(規則)でベル装着義務があるものもありますのでご参考まで。
工具なしで簡単に取り付けられるベルの取り付け位置は二転三転した結果、ハンドルポスト左側になりました。
走りながら試してみましたが、見た目ほど不便な場所ではないです。

結果、ハンドル周りはこうなりました。
ベル

今日から秋の交通安全運動です。
安全運転で、楽しい自転車ライフをおくりましょう。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 


<<続・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・ | 初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味トップへ | 東京エンデューロ 2009 Xmas Edition>>

初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。