初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味 > ロードバイク用品 > 夜間走行の安全性を考えてみる(その4)@初心者のためのロードバイク入門


最近流行りの自転車・ロードバイク
買いたいけど何を選べばいい?
何を言っているのか、用語がさっぱり分からない。
そんな方のために情報発信していきます。



【このブログの人気記事】
1位 続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・
2位 " deuter Race EXP Air " を背負いし者
3位 夜間走行の安全性を考えてみる(その4)


ロードバイク用品

夜間走行の安全性を考えてみる(その4)@初心者のためのロードバイク入門

 
最近一気に冬型の気候になり、前夜に決意した「明日の朝は自転車に乗ろう」という気持ちも朝の寒さにスッカリやられて、ロードバイクはだんだん床の間の飾りになりつつあるものの、「私は先週の三連休でキッチリ自転車を磨いたので床の間に飾っても恥ずかしくないぞ」と違うベクトルに力を注ぐ今日この頃、皆さんの自転車は磨かれていますか?(違)(ここまであいさつ)

さて、あまりにも長時間「キャットアイ(CAT EYE) Nano Shot+ HL-EL625RC」について放置していると、夏がきそうなので書ける分だけでも書いておきます。
前回書きましたとおり、「キャットアイ(CAT EYE) ECONOM Force RECHARGEABLE HL-EL540RC」と比較しちゃいます。
スペックを簡単に比較してみます。
品名HL-EL625RCHL-EL540RC
明るさ5000カンデラ4000カンデラ
照射範囲拡散集中(台形)
充電方法USB充電AC100V
充電時間8時間5〜7時間
点灯時間
ハイ/ロー/点滅
1.5h/4h/2h5h/15h/60h
本体寸法96.4×58.6×35.6mm114×56×53mm
重量160g227g
希望小売価格12,600円8,400円
amazon価格
「照射時間は犠牲にしてもいいから少しでも明るく」とか「1gでも軽く」とか「スタイリッシュなのが」という方はHL-EL625RCがお薦め。
「照射範囲は犠牲にしてもいいから少しでも長時間」とか「1円でも安く」とか「乾電池でも使えるのが」という方はHL-EL540RCがお薦め。
こんな感じでしょうかね。
正直どちらも明るさは十分です。
なんとかその明るさが視覚的に分かる写真なり動画なりを掲載したいものです。

(24.11.30追記)
なんとなく分かる写真が撮れましたので載せておきます。
ブラケットは全て同じなので、ブラケットそのままでライトだけ交換して撮影しました。
実際の見え方はもう少し明るいです(撮影地:多摩川サイクリングロード)。
【HL-EL625RC】
bike121128_4.jpg
【HL-EL540RC】
bike121128_5.jpg
ちなみに今回明るいヘッドライトを検討するまで使用していた【スーパーホワイトヘッドライト】はこんな感じ………
bike121128_6.jpg
真っ暗ですやん…よくこんなんで走っていたものです…本当に危ない……
(追記ここまで)

さて、実際の取り付け後の写真も掲載しておきましょう。
HL-EL625RCの次に前回掲載したHL-EL540RCを掲載して比較しやすくしておきますね。
bike121128_1.jpg
bike121009_5.jpg
bike121128_2.jpg
bike121009_6.jpg
bike121128_3.jpg
bike121009_7.jpg

さあ寒さに負けず、暗い夜道も頑張って走りましょう!

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 


<<夜間走行の安全性を考えてみる(その3)@初心者のためのロードバイク入門 | 初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味トップへ | タイヤ交換しなきゃ!(その1)@初心者のためのロードバイク入門>>

初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。