初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味 > ロードバイク用品 > " deuter Race EXP Air " を背負いし者@初心者のためのロードバイク入門


最近流行りの自転車・ロードバイク
買いたいけど何を選べばいい?
何を言っているのか、用語がさっぱり分からない。
そんな方のために情報発信していきます。



【このブログの人気記事】
1位 続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・
2位 " deuter Race EXP Air " を背負いし者
3位 夜間走行の安全性を考えてみる(その4)


ロードバイク用品

" deuter Race EXP Air " を背負いし者@初心者のためのロードバイク入門

 
毎日のように4桁程度の人数の人々が熱中症で病院に運ばれ、2桁に少し届かない人数の人々が熱中症で亡くなられている今日このごろ、皆様におかれましては適度な冷房使用と水分補給で熱中症対策は万全でしょうか、というまえがきを書きつつ前の記事を見たらほぼ同じ内容で、確認したら去年7月27日に書いたブログなんだなぁ、って事に気が付き、1年と5日放置していたという事実に驚愕し…ません、いつものことだし(ここまであいさつ)

さて、一つ前の記事で
>次回「deuter Race EXP Air を背負いし者」
>この次もサービスサービスぅ♪
と書いたにもかかわらず1年放置とは何事ぞ、と怒られそうですが、デイパック(デイバッグとかDバッグとかいろいろ言っていますが、1日分の荷物が入る程度のもの。daypackの意味ですのでデイパックなんです。)なんて使ってみなきゃインプレッションなんてかけないし、無責任なインプレッションは書きたくないですからね。
決してサボっていたわけじゃないですからね……(; ̄3 ̄)〜♪


気を取り直して本題です。
デイパックを背負って走ると、冬でも背中が汗だくになりますね。「況んや夏をや」です。
で、その背中に蓄積する熱対策として、「deuter Race EXP Air」を導入してみたのです。
まずは実際に背負った状態をご覧頂きましょう。
bike15080101.jpg

お分かりいただけただろうか。
bike15080102.jpg

そう、背中とデイパックの間に隙間ができているのです。
なぜこのような形になるかというと、ザハ氏設計国立競技場のキール構造もびっくりの太いピアノ線が弓なりにバツ印を描いて、さらに弓の弦を張るようにメッシュのシートで上下を引っ張っているからなのです。
bike15080103.jpg

これによって背中とデイパックの間は広い空間ができて空気の通り道ができるため熱が極めてこもりにくくなります。
また、メッシュシートが背中に触れることを極力抑えるために3つのパッドを使ってデイパックを背中から浮かす工夫がなされています。
bike15080104.jpg

さらに、背負ベルトや腰ベルト部分も極力メッシュ構造にして、熱がこもりにくくする工夫がなされています。
bike15080105.jpg

実際、今までの普通のデイパックを利用していた時は、背中と背負ベルト部分が汗びっしょりになっていましたが、コレに変えてからそのような事象はほぼなくなりました。

続いて収納を見てみます。
メインの収納部分、後ろ下にファスナー付きポケットがひとつ、両サイドにメッシュのポケットがそれぞれ1つづつあります。
bike15080106.jpg

まず、メインの収納部分です。
中の背中側には内ポケットが付いています。背中が反っている関係で、ちょっと窮屈な感じはしますが、1泊2日の出張に持っていくA4ノートパソコンと着替えくらいは楽勝で入ります。
bike15080107.jpg

また、荷物が増えても横のファスナーをぐるっと一周開けると、内容量が一回り大きくなります。
bike15080108.jpg
bike15080109.jpg

さらに、背中のピアノ線の真ん中近くを固定しているベルクロを外してピアノ線をすこし横にずらすとアーチが緩くなり、さらに容量がアップします。
bike15080110.jpg

キャメルバッグとして使用することもできます。バッグの中に飲料用のボトルを設置して長いチューブを「H2O」の出口から出せばキャメルバッグの完成です。
bike15080111.jpg

次に、後ろ下にファスナー付きポケット部分です。
メインポケット、左右2つに仕切られたメッシュのポケット、ファスナー付きポケットの三層構造で、その他に鞄の中に入れたら見つけにくくなりがちなカギなどを付けておくのに便利なフックが付いています。
bike15080112.jpg

次に、サイドのポケット部分です。
フチの部分がゴムで出来ている単純なメッシュのポケットです。
デイパックを背負うと、ジャージのポケットが使いにくくなりますので、ここにスマホや財布を入れることが多いです。500mlくらいのペットボトルやちょっとしたおやつを入れるのにも向いています。
bike15080113.jpg

次に、後ろのポケットの下にあるファスナーの正体を明かしましょう。
bike15080114.jpg

なんということでしょう〜
上端にフック付きのゴムひもが付いた伸縮性のあるメッシュが出てきて、ヘルメットを包み込むように固定することができました。
bike15080115.jpg

さらに、底にあるファスナーの正体を明かしましょう。
bike15080116.jpg

はい、皆さんの予想どおりです。レインカバーです。今まで何度か雨で使いましたが、全く中身は濡れません。しかも、目立つ蛍光イエローに「deuter」の文字とロゴが反射するので、雨天・夜間でも目立つことまちがいなしです。
bike15080117.jpg

細かいところですが、メインのファスナーにはホックが付いていますので、知らない間にファスナーが開いていたという事故も避けられそうですね。
bike15080118.jpg

最後に、右側の背負ベルトについているベルクロです。これ、正直なんなのかよくわからないのですが、考えられるとすればスマホや携帯電話のイヤホンマイク固定用でしょうか?キーホルダーなども固定しようと思えば固定できます。ちなみに皆さん承知だとは思いますが、両耳を塞ぐイヤフォンやヘッドフォンの使用は違反ですのでくれぐれも使用なさらないようにしましょう。ちなみに骨伝導なら耳を塞がないから大丈夫なのかな?
bike15080119.jpg

  

さて、今日も汗だくになって2時間も走ったし(そのあとにモスチーズバーガーとフライドポテト食べたから台無しのような気もするけど……)来週もがんばるぞぉぅ!


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。


<<SHIMANO(シマノ)SM-SH11クリートセット@初心者のためのロードバイク入門 | 初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味トップへ | ろんぐらいだぁす!@初心者のためのロードバイク入門>>

初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。