初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味 > ツーリング関係 > スカイマークで輪行@初心者のためのロードバイク入門


最近流行りの自転車・ロードバイク
買いたいけど何を選べばいい?
何を言っているのか、用語がさっぱり分からない。
そんな方のために情報発信していきます。



【このブログの人気記事】
1位 続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・
2位 " deuter Race EXP Air " を背負いし者
3位 夜間走行の安全性を考えてみる(その4)


ツーリング関係

スカイマークで輪行@初心者のためのロードバイク入門

40日ほど前は夏季休暇初日だったわけですが、あれからもう1カ月以上たってしまったのですねぇ・・・などと遠い目になりつつ、先月はまだ暑かったけど、最近は朝夕がひんやりして自転車通勤が捗るものですから、自転車通勤の頻度があがってますよ、えっへん!って自慢するほどのことじゃない今日この頃、皆様もさわやかな風に吹かれながら走っていますか。(ここまであいさつ)

さて、夏季休暇は前記事にも書きましたとおり、輪行バッグに自転車を入れて、飛行機輪行で鹿児島に行ってきましたよ。
利用した航空会社はスカイマーク。
「いま得」とかいうチケットを取ったのですが、往復2万円でおつりがくる安さですよ。めっちゃありがたい。
ちなみにANA、JALの通常料金は片道約44000円なので、その安さが分かろうというものです。
もっとも、ANA、JALにも割引チケットはありますし、サービスの違いなどもあるので一概に比べられないのは当然のことです。

さて、話が横に逸れましたが、飛行機輪行です。
スカイマークの場合どうなってるんだろうと、いろいろ調べましたがよくわからず、2000円の料金がかかるというブログは見つかったものの根拠は不明。
スカイマークのwebサイトには「一台当たりの重量が32kg以内で、大きさが50cm×60cm×120cm以内の自転車に限ります。」(https://faq.skymark.co.jp/app/answers/detail/a_id/1784/c/373)とあるので、いやいや対応可能なサイズが小さすぎるし、なんて突っ込みを入れたりしていたわけです。
結局よくわからないまま、ダメなら空港からヤマトか何かで送ればいいや、な感じでひとまず空港に持っていきましたよ。
で、スカイマークの窓口へ。

すぐに「自転車ですね」と言われて、X線の検査機は通さずに隣の台に乗せられて「中を確認させてくださいね」と言われてチェック開始です。
ツールボトルの中も見せてと言われて、輪行バッグの中でしっかり固定していたホイールも解かなきゃならない大騒動。
結局中身の工具とスペアチューブを見て、「はいいいですよ」と言われて元に戻す作業。
まあまあ時間がかかったのですが、係員のお兄さんが離れないので、なんなのと思ったら、作業が全部終わったところでファスナー部分に封緘のシールを貼りたかったみたい。
一連の検査が終わったら手荷物を預ける窓口に運びます。
「自転車ですね。積むときに何か注文がありますか」と聞かれたので「抱きれば立てて置いてほしいですが、寝かすときはこちら(ディレイラー側)を上にしてほしいです。」って言ったらディレイラー側に「こちらを上」という紙を貼ってくれました。親切だ。
で、そのまま受け取ってくれたので、「自転車は別料金がいるんじゃないですか?」と尋ねましたら、「20kg以下は無料です。これ10kgくらいですよね。大丈夫ですよ〜」とのことでした。

そんなこんなで鹿児島空港に到着です。
飛行機から降ろすところを見たいよねー、って思ったら見える角度に行くには立入禁止場所ではないけど、それに準ずる場所だったみたく、写真を撮っている間、係の人に見張られていました。ごめんなさい。
16110301.jpg
丁寧に扱ってもらっていました。
鹿児島空港ではターンテーブルから出てくるのではなく、係員の方が直接持ってきてくださりました。
16110302.jpg

帰りの際も、預けるときにX線検査機を通してチェックした以外は全く同じ対応でした。
今回の経験から、ロードバイクは高価なものでデリケートに扱わなければならないものだという意識がしっかり浸透しているという印象を受けました。

以前、仕事で沖縄出張したときに多くのロードバイクの集団を見かけましたが、こんなに簡単に飛行機輪行できるとわかったから、次は沖縄も走りたいし、夏は北海道もいいなぁ、なんて思いました。
あれ、なんか、オチが無いぞ!



ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

 


<<アニメ「ろんぐらいだぁす!」が始まるよ!@初心者のためのロードバイク入門 | 初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味トップへ | 走る前に備えておきたいこと(その1)@初心者のためのロードバイク入門>>

初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。