最近流行りの自転車・ロードバイク
買いたいけど何を選べばいい?
何を言っているのか、用語がさっぱり分からない。
そんな方のために情報発信していきます。



【このブログの人気記事】
1位 続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・
2位 " deuter Race EXP Air " を背負いし者
3位 夜間走行の安全性を考えてみる(その4)


ロードバイク購入記録

ロードバイクが欲しい

うちは東京都某市の多摩川沿い。
犬の散歩には最適な川沿いの遊歩道なのですが、その遊歩道を結構なスピードで走っていく自転車が年々増えてきています。
いわゆるロードバイクっていう自転車です。

元々自転車とかオートバイとか自動車とかタイヤがついているものなら何でも好きな私ですが、その頃は「ロードバイクって楽しいのかね?」程度の認識でした。

ちなみに我が家にはMTBルック車(ホームセンターで2万数千円で購入したもの)があり、たまに通勤に使ったりしてます。
MTBルック車
購入して8年もたちますと、あちこちにガタがきます。
部品を替えたりしてメンテナンスしながら乗ってきましたが、「これにこのままお金をかけ続けるのも悪くないけど、心機一転新しいのもいいかな?」なんて思い始めました。

とはいえ、メンテナンスにかかるコストは年間数千円程度。
ロードバイクを新車で買えば数十万円するので決心はなかなかつきません。

よく考えると自転車のことをよく分かってないことが分かったので、新車購入を前提に自転車のことを調べることにしました。

つづく


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。


ロードバイク購入記録

ショップの選択@ロードバイクの購入(その1)

前回、「つづく」って書いたけど、その話はまた今度。
話は前後しますが、購入した時の話を。

それは突然の出来事でした。
ロードバイクのブランドとか、相場とか、
そういったことを全く知らないのでとりあえず自転車屋さんに行ってみようと思いました。

近所の大手の自転車ショップにでも行こうかなぁ?なんて思ってたんです。
前にwebページをみたらロードバイクをいっぱい扱っているみたいだし、多摩川のサイクリングロードに近いからそういったお客さんも多そうだし、と思ったからなんです。

そんなある日、二輪関係の掲示板を見ていたらワイズロードって店のURLがなんの説明もなしにポツっと貼られていたんです。
見てみたら、うちから10km程度離れたところにも支店があったので、ああ、こんな店もあるんだ、と思ったのです。

その数日後、お隣の自転車が好きなお兄さんが新しい自転車を買ったというので見せてもらったんです。
見たところ、ちょっとクロスバイクっぽい感じですが、トライアスロン用の自転車のブルホーンハンドルをフラットハンドルに替えてクロスバイク風に改造したものでした。
キャノンデールのフレームだそうで、それはそれはかっこよくて(今度了解をいただけたら写真載せます。)どこで買ったか聞いたんです。
そしたら「ワイズロードで買ったんだよ」とのこと。

さらにその数日後、職場でロードバイクに乗っている人に普段どこでパーツとか買ってるか聞いてみたんです。
そしたら「ワイズロードだよ」とのこと。

2人とも「あそこは品数が豊富だし、店員の知識が豊富だし、自転車屋でありがちな店員の傲慢な態度が全くない。」とすこぶる評判が良かったのです。
なので、私もそこに行ってみようと思ったんです。


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

ロードバイク購入記録

ピナレロFP2がかっこいい@ロードバイクの購入(その2)

前回のつづきです。

雨が降る土曜日のお昼、ワイズロードに行きました。
雨の日だから、自転車に乗れない人達がパーツやグッズを買いに来たりして込むのかな、なんて思ったら、実は雨の日はお客さんが少ないんだそうです。
晴れている日は、自転車で多摩川のサイクリングロードを走るついでに、メンテナンスや用品の購入で立ち寄る人が多いとのこと。

初めて自転車を買いたいけどよく分からないからお店の人の説明を聞きながら検討したい、とか、ゆっくりといろいろ眺めてみたい、なんて人は雨の日がおすすめです。

で、どんな自転車がどれくらいの値段で売ってるのかさっそく見始めます。
普段外に出たがらない妻に「一緒に行く?」って聞いたら「行く」とのこと。あら珍しい。
ちゃんと考えるところがあって着いてきたようです。

お店の中では完成車をメインに見てまわりました。
20万円前後で買えればなぁ、なんて思いながら見てまわります。
かっこいい自転車がたくさんあります。
値段もそれなりにいい値段です。
私が「これかっこいいなぁ」と思ったロードバイクが在ったのですが、うちの妻も同じロードバイクをかっこいいと思ったようです。

約25万円
PINALLEROとフレームにプリントされています。
ピナレロって読んでいいのかな?と思いつつ近くで見てみると、説明書きにちゃんと「ピナレロFP2」と書いてありました。
「当店人気商品」とも書いてあります。
ふーん、かっこいいし人気があるのも分かるよなあ、と思いました。

で、ひと通り見てまわって相場がなんとなく分かったので、今日はこれくらいでいいかな、と帰ろうとしました。
そしたら突然妻が・・・

つづく


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

ロードバイク購入記録

ピナレロFP2の購入@ロードバイクの購入(その3)

前回のつづきです。

帰ろうとした私に妻が「買わないの?」といきなり言いはじめました。
「いや、今日は相場だけ確認だし・・・」と言うと
「来週来たらもうないかもしれないよ。お店の人にいろいろ聞くんじゃないの?」と畳み掛けます。

実は、数ヶ月前から「ロードバイク買おうか、今のBMXルック車をメンテナンスしようか」と煮え切らなかった私に購入を決意させるために、普段ついてこない妻はついて来たっていうのが真相だったようです。

雨で普段より忙しくない(というのは後で分かったことなんですが)とはいえ、店員さんはみんな忙しそうです。
思い切って声をかけてみました。
「すみません、初めてロードバイクを買おうと思っているんですが、何も知らないので相談に乗ってもらえませんか?」と。
そしたら「いいですよ、けどちょっと待ってくださいね。」と言われました。
そして、本当にちょっとだけ待ったらすぐに来てくれました。

さっそく完成車がたくさん並んでいるコーナーに一緒に行きます。
そして、さっきかっこいいと思ったピナレロFP2の前まで行って、「これかっこいいなぁと思うんですが、どう思います?」と、自分が質問されたら困るようなあいまいな質問を投げかけました。
その店員さんは、にこっと笑って「それも購入の動機としては良い思いますよ。大切にすると思うから。」と答えてくれました。
次に「ピナレロって人気があるんですか?メジャーなメーカーなんですか?」と質問しました。
いや、あとで調べて分かったんですけど、とっても有名なメーカーで人気もあるんですね。
初心者って怖いもの知らずだな、なんて調べながら変な汗が出ました。
店員さんは「人気はとてもありますよ。欲しいと思っても手に入れられない人も居るくらいですよ。コンポもシマノの105なのでレースにも使えるくらいですよ。」と答えてくれました。
コンポって何?って話はまた後日書くとして、色が黒、赤、青の3種類があったのですが、私は赤を欲しいと思いました。

ちょっとまたいでみます?と促され、最初に黒いのにまたいでみました。
ちょっとハンドルまで遠く感じました。
その旨を伝えたら、「じゃあもう1サイズ小さなフレームで」と赤いフレームの自転車を出してくれました。
そして、とりあえずのペダルをつけて、シート高を合わせて実際の乗車姿勢をとってみました。
なんとなく良さそうです。

「実は赤が良いなぁって思っているんです。」と言うと
「好みの色でフレームのサイズが合うのはラッキーですよ。」と言われました。
人気がある車種だと、サイズがなかったりすることもあるらしく、あっても取り寄せで時間がかかったりするとのこと。
妻が「これは買えってことだよ。」と背中を押します。

その場で購入を決心しました。
そして、「他に必要なものがあると思いますが、概算でいくらくらい追加になりますかねぇ?」と聞いてみた。

次は、追加パーツのお話です。

つづく
bike080528.jpg


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

ロードバイク購入記録

周辺パーツも大切@ロードバイクの購入(その4)

前回のつづきです。
今回は追加パーツのお話です。

この手の自転車は完成品といってもホームセンターで売っているような完成品とはちょっと訳が違います。
個人の好みで当然替えるであろうパーツは付いていません。
その筆頭がペダルです。
ペダルと靴がかっちりくっつくビンディングが好みの人がいるかと思えば、街乗り中心なのでビンディングは危険だと思う人も居ます。
また、中間の選択としてトゥクリップが良いという人も居ます。
私は、当面の使用方法を考えた時に通勤(=街乗り)がメインと考えましたので、通常のペダルにしました。
店員さんが「私はこれを使ってますけど踏み込む面が広い上に、スパイクがついていて滑らないので気に入ってます。」と言ってペダルを見せてくれました。
見たことのない形状だったので、人と同じが嫌いな私は一発で気に入ってしまいました。
TIOGA(タイオガ) Surefoot8というペダルです。
TIOGA(タイオガ) Surefoot8
7,980円と、通常のペダルよりちょっと値段が高めですが気に入ったので良しとします。

次にヘッドライトです。
夜も明るい街中を走るので、道路や前方を照らすほどの光量は必要ないと思ったので、点灯と点滅が選べるLEDタイプのものを選択しました。
キャットアイ スーパーホワイトヘッドライトというヘッドライトです。
HL-EL135
1,995円という値段は、他の製品とほぼ同等かな。
LEDが3個入ってるのが購入の決め手でした。

次にテールライトです。
リフレクター(反射板)は純正の装備としてついていますが、やはりリフレクターとテールライトじゃ視認性が違います。
こちらも電池の寿命等を考えてLEDタイプのものを選択しました。
キャットアイ フラッシング&セーフティライトというテールライトです。
TL-LD130-R
1,050円という値段は、これも他の製品とほぼ同等かな。
点灯、点滅、ランダムに切り替えできますが、私はランダムで使用しています。

最後にサイクルコンピューターです。
多機能なスピードメーターという感じでしょうか。
走行速度、平均速度、最高速度、走行距離1,2、積算距離、時計などの機能がこの小さな1台に詰め込まれています。
ワイヤレスで、より小さな製品を選択しました。
キャットアイ STRAD WIRELESSというサイクルコンピューターです。
STRAD WIRELESSステム側
STRAD WIRELESSホイール側
5,864円という値段は、これも他の製品とほぼ同等かな。ちなみに定価は7,329円です。
サイクルコンピューターの機能は、メーカーによらずほぼ一緒なのでデザインや色などの好みで選べば良いといわれました。
これは表示の切り替えが本体をクリックするだけなので、操作はとても簡単です。

これらの取り付けで2時間ほどかかるといわれましたので、翌日納車してもらうこととしてその日は帰宅しました。


次は、ウェア等グッズのお話です。
いや、初走行のインプレッションが先かな?

つづく


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

ロードバイク購入記録

ピナレロFP2の納車@ロードバイクの購入(その5)

前回
「次は、ウェア等グッズのお話です。
 いや、初走行のインプレッションが先かな?」
と書きましたが、今回は納車のお話です。

ピナレロの購入を決めた翌日、昼過ぎまで雨だったのでお店が空いてるうちに取りに行こうと思い車で家を出ました。
晴れたら電車とバスで行って乗って帰ってこようかな?と一瞬考えたのですが、空気入れとかワイヤーロックなども購入したので、それを背負って帰るのもどうかな、と思い結局自動車にした次第です。

店に着くと、店員さんが私の顔を見てピナレロFP2を2Fの完成車置き場から持ってきてくれました。
ペダルもヘッドライトもテールライトもサイクルコンピュータも付いています。
それらの使用方法についてひととおり教わります。

次に乗り方を教わります。
なんてったって何にも知りませんからね。必死に聞きます。
ブレーキのかけ方、シフトチェンジの方法、ホイールの外し方、ワイヤーロックのかけ方、タイヤへの空気の入れ方などを教えていただきました。
後日、個別に解説記事を書きますね。

ひと通り説明を聞いた後、自転車を車に積み込みました。
ちなみにうちの車はレジアスエースなので楽勝で乗せられるのです。

前記事には書きませんでしたが、車体とパーツ類のほかにヘルメット、空気入れ、ワイヤーロック、自転車を部屋で保管するためのスタンド(?)も買いました。
これについても後ほど記事にしますね。

家に持ち帰ったピナレロFP2を地面に下ろすことなくそのまま部屋に入れました。
んー、友人が言っていた床の間バイク状態だ(^^;)

早く乗りたいな。早く晴れないかな・・・


つづく


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。