最近流行りの自転車・ロードバイク
買いたいけど何を選べばいい?
何を言っているのか、用語がさっぱり分からない。
そんな方のために情報発信していきます。



【このブログの人気記事】
1位 続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・
2位 " deuter Race EXP Air " を背負いし者
3位 夜間走行の安全性を考えてみる(その4)


ロードバイクのメンテナンス

リヤスプロケットカセットの分解掃除

 
ピナレロFP2のリアカセットは購入以来一度も分解掃除していません。
簡単な掃除はしているのですが、分解掃除した後の感触は最高だという声を聞くに、時々分解掃除をせねば、と思ったりするわけです。

けれども、リヤスプロケットの分解掃除なんてしたことありません。
ピナレロのリアスプロケットを分解したら壊してしまいました、ではシャレになりません。
ということで、とりあえず壊しても惜しくない(いやいや、んなこたない。)MTBルック車で試してみることにしました。

掃除前の写真を撮り忘れたので、掃除後の写真で解説します。
まずは当然のことながらホイールを外します。
次にロックリングを反時計回りにまわして外します。
スプロケット
ちなみに反時計回りというのはハブがフリーになる方向です。
ロックリングを回そうとしても、スプロケットカセットごとクルクル回るので緩めるのは困難です。
ということで専用工具が必要になります。

こんなの

と、うちのMTBルック車ならこんなの

うちのピナレロFP2ならこんなの


後の2つは、車種だけでなく、シマノ用とかカンパ用とかでも違いますので、自分の自転車のロックリングがどういうタイプか確認してから購入する必要がありそうです。

さて、私の場合、いきなり思いつきで作業を始めているので、そんな工具は当然持っていません。
ということで、スプロケを軽く足で押さえて、ロックリングの切り欠きにマイナスドライバーをあててハンマーで「ガンッ!」と叩きました(良い子は真似しちゃダメよ。)。
無事緩みましたが、ピナレロではこんな乱暴なことはしたくないので、近いうちに工具を買うことにします。

ロックリングが外れたらスプロケットは簡単に外れます。
間座とスプロケの順番をちゃんと覚えたら、スプロケットは灯油にジャボン♪
スプロケット
古い歯ブラシでゴシゴシ洗って汚れを落とします。
一部サビが出ていましたので、真鍮ブラシでゴシゴシこすって落とします。
はい、綺麗になりました。
スプロケット

紺色の容器はバイク用の廃油受けです。
耐水、耐油なので1個あると何かと便利です。
5リットルタイプで十分です。
値段は500円〜1000円程度ですのでぜひ用意しておきましょう。

間座はプラスチック製だったので、灯油はまずいかもと思って、CRC5-56を吹き付けたらボロ布ですばやく拭き取って終了。
ディレイラーも余った灯油と歯ブラシでゴシゴシ。

スプロケットのハブへの組み込みですが、切り欠きの形が一部違うため、決まった場所に間違えずに組むことができました。
最後にロックリングを閉めこんで分解清掃は終了。
車体に組み付けました。
スプロケット

はい、このブログをよく読んでいる鋭いあなた、気づきましたね。
以前ピナレロに付けていたペダルがこちらに付いています。

詳細は後日に譲りますが、ピナレロにはビンディングペダルを組みました。
自動的に余ってしまったタイオガのペダルをこちらに組んだのです。
えぇ、スプロケを掃除する前にさらっと組みました。
ペダルのネジは逆ネジなので、組んだり外したりするときは注意が必要です。
これも、緩める時はペダルがフリーになる方向なので、クランクを固定する何らかの方法を考える必要があります。
もしかしたら専用工具があるのかなぁ?
けど、ペダルなんてそうそう交換するものではないので、そのために工具を買うのは・・・ねぇ。
あと、他にもシート位置を若干後目に調整しましたよ。

さあ、これでまた自転車通勤が楽しくなりそうです。
寒い日が続くのはちょってアレなんですけどね。
3/7のエンデューロに向けて、そろそろ体を慣らさないとね(^^;


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。


ロードバイクのメンテナンス

自転車を掃除します。ピナレロを磨くのは楽しい・・・か?

  
前記事に書きましたとおり、川状態になったコースを走ったため、自転車は結構ドロドロに汚れました。。
参考画像
ピナレロ
写真ではそんなに汚れていないように見えますが、結構ドロドロ〜です。

というわけで、このままでは室内に入れることもできませんのでお掃除(洗車)します。
用意するのは穴があいて履かなくなった靴下とフクピカです。
フクピカには艶出しに特化したものもありますので好みで使用します。
ピナレロFP2

掃除は極めて簡単です。
まず前後ホイールを外し(ホイールの脱着方法はまた今度とか言ってさっぱり書いていませんがまあ外して下さい。)、フレームをひっくり返して地面に置きます。
傷が入らないように段ボールなどを敷いておきましょう。
ピナレロFP2

さあ準備完了です。
まずはフクピカに含まれている洗剤液?が汚れになじむようにそっと押すようにして汚れを浮かします。
いきなりゴシゴシこするとフレームに細かい傷が入っちゃいますよ。
汚れがふやけたらそーっとフクピカでふき取ります。
フレームとホイールの大まかな汚れを落としたら新しいシートを出します。
新しいシートで、先にふき取ったあとに乾いてできた薄い汚れの筋を取る仕上げふきをします。
その際、もう片方の手に靴下(軍手でも良いですし、もちろんタオルでも良いです。)をはめて、フレームに余分についた洗剤液をふき取っていきます。
これが残っていますと、乾いた後に水アカみたく残ってしまいますので丁寧に拭き取りましょう。

全部がきれいになったらホイールを組んで、はい終了。
じゃなくて、今まで上下逆さまでしたので、ホイールを組んだら上下を元に戻てもう1回見てみましょう。
磨き残しが結構見つかるものです。
はいこれで本当に終了。
簡単ですねぇ・・・記事が・・・orz

きれいになったピナレロは無事部屋に入れてもらうことができました。
ピナレロFP2
カーボンの編目がきれいですね。

そういえばシューズも相当汚くなっておりました。
バイクシューズ
お見せするのもはばかられるくらい汚いです。

これは大きな汚れ(泥とか土とか芝)を大まかに落として、水をたっぷり含ませた歯ブラシでこすり落とします。
これを何度か繰り返します。最後に雑巾で水分をきれいに拭きあげます。
革の部分(白い所)も水を含ませた歯ブラシでこすり、汚れが浮いたらすぐに布でふき取ります。
バイクシューズ

はい、こちらも綺麗になりました。

今度掃除するときはフレームにワックスをかける予定です。
ガラス繊維系ケイ素ポリマーを注文しました。
ガラスの艶と撥水が期待できます。
これが届いたらまたレポートします。



ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

ロードバイクのメンテナンス

パンクしたのでパンク修理しました

 
昨日、黄色いMTBルック車で元気に出勤しました。
家を出て4km近く過ぎたところで、なぜかペダルが重い。
向かい風だからしょうがない気もしますがそれにしても重い。
ふっ、と前輪を見ると、なんか空気圧が低そうじゃないですか?
よく見ると明らかにタイヤへこんでます。
朝が早いので修理できるようなお店は開いていませんし、パンク修理キットも持っていません。
しかたがないので、会社に遅れる旨メールを入れてから、空気が抜けきらないうちに走れるだけ走って(ホイールのリムとかチューブを傷める可能性があるので、真似しちゃだめよ。)なんとか家に戻りました。
いやもう汗だくでしたよ。いい運動でした・・・

で、とりあえず家に放置してスクーターで出勤したわけですが、来週も乗るつもりなのでパンク修理することにしました。
一日放置してたら完全にペチャンコですね。
bike090711_1.jpg

早速、自転車を上下ひっくり返してホイールを外します。
普通は、っていうか、慣れてる人はホイールを外さずに修理しますが、ちょっといやな予感がしたので今回はホイールを外しました。
で、タイヤの片側を外します。
bike090711_2.jpg

タイヤレバーが見つからなかったので、とりあえずマイナスドライバーを使っていますが、これは正直お勧めしません。
理由その1:リムに傷をつける可能性がある。
理由その2:ドライバーは軸が丸いため、いわゆる支点になる部分の一点に力が集中し、リムをへこます可能性がある。
理由その3:ドライバーの先は鋭利なので、チューブを傷つける可能性がある。

とはいえ、タイヤレバー見つからないし、背に腹は代えられません。
注意してタイヤを外しました。
なんかスポークが錆びてるのが恥ずかしいです。
で、チューブを取り出して空気を入れて、空気漏れの箇所を確認しました。

・・・なんていえば良いんでしょう。
バルブの台座とチューブ本体の継ぎ目に穴が開いているという状態です。
bike090711_3.jpg
釘を踏んだとか、そういうパンクじゃなかったようです。
パッチ当てて修理しても良いのですが、バルブの台座部分が他の部分より硬めでパッチがうまく付くか分からないし、そもそもこんなところに穴が開くって事は経年劣化の可能性も疑わなければなりません。
なんてったって8年間使い続けたチューブですからね。

ということで、急遽新しいチューブを買ってきました。
ノーマルなチューブなんで700円程度です。
買ってきてびっくりしたのですが、最近のチューブって虫ゴム使ってないんですね。

早速バルブをリムの穴に通して、ずれないように軽くナットを付けて、チューブがねじれないようにタイヤの中に押し込みます。
bike090711_4.jpg

ここまで終わったら、チューブをリムとタイヤで挟まないように気をつけながらタイヤをリムに入れていきます。
この作業はよっぽどタイヤが硬くない限りレバーなしで作業できます。
一度空気を入れてバルブのナットを根っこまで締めて、問題ないことを確認したら空気を抜きます。
なんでかって?
タイヤを取り付けるときにブレーキの間を通らないからです。
ブレーキのほうをどうにかしろよ、って言われそうですが、こっちのほうが簡単なので。
ちなみに、我が家のもう一台であるピナレロFP2などのロードレーサーであれば、レバーひとつでブレーキが開きますのでこんな手間は必要ありません。

ホイールをフォークにしっかり取り付けたら、空気を規定圧入れて、タイヤが均一に押し出されていることを確認して終了です。

やっぱ不測の事態に備えて、パンク修理キットとミニ空気入れくらいは持っておきたいもんだと痛感しました。
bike090711_5.jpg

bike090711_6.jpg


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイクのメンテナンス

街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを付けてみた

 
実は、昨日のパンク修理ついでに、以前買っておいて放置状態だったバックミラーを取り付けました。
取り付けたのはCATEYEのサイクルミラーです。

バーエンドに差し込んで取り付けるタイプなので、グリップが貫通タイプでない場合はグリップエンドを切り取るか、貫通タイプに代える必要があります。
以前、別なタイプのバックミラーを使っていたことがあったので、グリップエンドは切り取り済みです。
ですので、取り付けはミラーのねじ筒部をハンドルバーに根元まで入れてねじを締めるだけ。
作業時間は5分もかかりませんでした。

で、見た目ですが、こんな感じ。
bike090712_1.jpg
いまいち分かりにくいですが、バーエンドグリップの先端にミラーがくっついているようなイメージです。

アップはこちら。
bike090712_2.jpg
写真の腕の問題ですね。やはり分かりにくい。

で、肝心の後方視認性ですがこんな感じ。
bike090712_3.jpg
かなり視認性が高いです。
駐車中の車両を避けるときの後方確認作業をすばやく行えそうです。
もちろん死角部分は直接目視が肝要です。

ピナレロFP2のほうもナントカしたいなぁ・・・

bike090712_4.jpg
CATEYE BM-500G MTBサイクルミラー 右側専用


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイクのメンテナンス

続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・

 
先日の記事で宣言しましたとおり「ブッシュ&ミューラー(BUSCH+MULLER) CYCLESTAR サイクルスター 901/2 サイクルミラー」を買いました。
昨日Amazonで頼んだら今日届いてしまうという速さはさすがです。
ロードバイク

早速あけてみたところパーツ4点と取付工具1点と説明書。
ロードバイク
斜に切った部品同士がねじの締め込みによってずれることで、ハンドルパイプ内に固定される方式のようです。

早速取り付けてみました。
取り付けは簡単で、5分もかからず完成です。
ロードバイク

バックミラー

実際に乗車したときの目線からミラーを見るとこんな感じです。
バックミラー

ペダルを漕いでいるときは、太ももが後ろの景色を半分くらい隠すこともありますが、概ね視界は良好です。
どうせじっと直視するものではないですし、きれいに景色が写るので問題なしです。

「後方確認は目視で」というのが基本中の基本ですが、初心者の場合、体と首をひねって後方を確認することは楽な動きではありません。
バックミラーがあれば、ミラーのチラ見で常時後方の情報を知ることができますので、実際に車線変更等の前に目視で確認する場合に、ミラーで得られなかった情報だけ確認すればよいのでずいぶん楽になります。
そういう意味でも、バックミラーは初心者のために必要な装備ではないかと思います。
バックミラーを付けると、周囲の交通情報が増えるので、一般道を走る機会がある人であれば、ベテランでも取り付けたほうが良いでしょう。

ちなみに、今回はついでに「ベル」も付けました。
これは決して歩行者に対して鳴らすものではないですよ。
こちらの存在に気づかずに幅寄せしてくる自動車とか、路地から出てこようとする自動車の運転手に「私が来ていますよ」ということを知らせるために取り付けたものです。
あと、私は出る予定はないのですが、公道を使ったエンデューロなどでは、レギュレーション(規則)でベル装着義務があるものもありますのでご参考まで。
工具なしで簡単に取り付けられるベルの取り付け位置は二転三転した結果、ハンドルポスト左側になりました。
走りながら試してみましたが、見た目ほど不便な場所ではないです。

結果、ハンドル周りはこうなりました。
ベル

今日から秋の交通安全運動です。
安全運転で、楽しい自転車ライフをおくりましょう。

 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイクのメンテナンス

タイヤを交換してみた@初心者のためのロードバイク入門

 
まずはタイヤ交換の手順とか書いてないので、そういった需要で来た方は読むだけ無駄かもしれませんので予め了解いただきたく。
ということで、去年の秋以来更新していないとんでもないブログへようこそ。
っていうか、朝夕がちょっとだけ涼しくなって自転車通勤もだいぶん楽になってきました。
といっても週に1〜2回自転車で通勤すれば上出来って感じの似非ツーキニストなわけですが。
来月川崎であるレースの2時間ソロに出ることになったので、ちょっと自転車通勤の回数を増やさなきゃなぁ、なんて考える今日この頃、皆様におかれましては自転車ライフを楽しんでおられますでしょうか(ここまであいさつ)

さて、通勤くらいの距離であればロードバイクもよいのですが、ちょっとそこまで買い物とかなるとわざわざロードバイクを引っ張り出すのもなぁ、なんてなっちゃうので、ホムセンで買ったルック車を引っ張り出したりします。
2万数千円で購入して早10年。
MTBルック車
メンテしたりパーツ変えたりしながら乗ってきましたが、ロードバイクに慣れるとやはり重さが際立ちます。
なんとか少しでも軽くしたいと思ったとき、お手軽に最も効果があるのがタイヤです。
ブロックよりスリック、幅広より幅狭、スチールのビードより新素材のビード、これでOK!
幸いにして(?)今付いているタイヤは古くてヒビも入っており、交換するのが遅すぎたくらいです。
bike110917_1.jpg
これはひどい…
そして、ホイールの汚れもひどい…orz

今回購入したタイヤはPanaracer(パナレーサー)UrbanRiding T-serv Protex(Tサーブ プロテックス)26×1.50のレッドです。
bike110917_2.jpg
ノーマルのサイズが26×1.95なので、幅が3/4くらいになります。
カラーがレッドっていうのは、まあ変化というか遊びですね。
両手にそれぞれ持ってた比べた感じだと半分くらいの重さかな。

早速組んでみます。
ほぼ同じ距離において撮影してみました。
bike110917_3.jpg
太さが違うのがわかりますね。
っていうか、わかりにくいですね…orz=3

タイヤ交換した自転車で走ってみます。
これはっ!
完全に別物です。軽い。軽すぎる。
そして赤いタイヤがなかなかかっこいいw
bike110917_4.jpg
これなら今度からこっちを通勤に使ってもいいなぁ。
そのためにもシートポストをもう少し長いのに変えたいなぁ。
  

ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイクのメンテナンス

ハンドルバーテープを交換してみた@初心者のためのロードバイク入門

 
最近少しずつ暖かくなってきましたね。
寒い時期に自転車を床の間に飾っていた貴方!
ノシ

乗らねばなるまいと、ちょっと埃が積んだ自転車をよくよく見てみると…
ハンドルバーテープがけっこうボロボロです。
bike120303_01.jpg
bike120303_02.jpg

ということで、春に向けて新しいハンドルバーテープを巻くことにしてみました。

基本的にはぐるぐる巻きつけるだけなんでコツも何もあったものではないのですが、ブレーキレバーの周りだけちょっと面倒なので、自信がない人はひと巻きほどくごとに写真をとっておくと良いでしょう。
もちろん私は写真を撮りましたw

バーテープを巻くにあたって必要なものを準備しておきます。
必須はハサミ、あれば良いのはビニールテープ。
以上です。

古いバーテープを取るのに説明は不要ですね。
気になる方は上に書いたとおり、自信がない部分の写真を撮っておくとか、どこまで巻いてあったか印を付けておくとかしておきましょう。

では、早速巻きましょう。
巻く方向ですが、左手は時計方向に、右手は反時計方向に巻きます。

巻き始めは盛大にはみ出して巻きます。
1〜2cmくらいはみ出してOKです。
正直なところ、はみ出し過ぎたかな!ってくらいで良いと思います。
よくはみ出し幅は1cmくらいが良いと言われていますが、それくらいの気持ちだと後で「ちょっとはみ出しが足りなかったかなぁ」なんてなりがちです。
今回の実際の経験から間違いありません…(-_-;

巻きが緩いと使用中にそこから緩むので巻くときはきっちり引っ張りながら強く巻きます。
テープの種類によりますが、今回購入のテープは1/3くらいが重なるようにして巻くよう書いてありますのでそのようにします。
説明書にどれくらい重ねて巻けばよいか書いてあるので参考にしましょう。

ブレーキ廻りは念のためひと巻きごとの写真を載せておきますので参考にして下さい。
bike120303_03.jpg
bike120303_04.jpg
bike120303_05.jpg

巻き終わりがまっすぐになるように、最後のひと巻き部分を斜めにカットします。
bike120303_06.jpg

巻き終わり部分を付属のテープで止めますが、その前にビニールテープでしっかり止めてから付属のテープを巻くとより頑丈に止まって良いと思います。

巻き始め部分のはみ出し部分をハンドルの中に折入れて付属のバーエンドキャップを取り付けて完成です。
bike120303_07.jpg
bike120303_08.jpg

サドルとハンドルが白になっただけで随分イメージが変わりますね。
現在
bike120303_09.jpg

購入時
bike120303_10.jpg

今回購入したハンドルバーテープは「OGK KABUTO(オージーケーカブト) CBT-3カーボンタイプ 」です。
 

表面がカーボン柄でツルツルしており、レビューによれば汚れが落ちやすいとのことです。
グローブ無しだと少々滑る感じがありますが、基本的にグローブはつけているでしょうから問題はありません。

明るい色で気分一新、気持ちも明るくなります。
さて、走りに行きましょうかね。


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。