最近流行りの自転車・ロードバイク
買いたいけど何を選べばいい?
何を言っているのか、用語がさっぱり分からない。
そんな方のために情報発信していきます。



【このブログの人気記事】
1位 続々・街中の走行中は特に後方に気をつけたいのでバックミラーを・・・
2位 " deuter Race EXP Air " を背負いし者
3位 夜間走行の安全性を考えてみる(その4)


ロードバイク用品

" deuter Race EXP Air " を背負いし者@初心者のためのロードバイク入門

 
毎日のように4桁程度の人数の人々が熱中症で病院に運ばれ、2桁に少し届かない人数の人々が熱中症で亡くなられている今日このごろ、皆様におかれましては適度な冷房使用と水分補給で熱中症対策は万全でしょうか、というまえがきを書きつつ前の記事を見たらほぼ同じ内容で、確認したら去年7月27日に書いたブログなんだなぁ、って事に気が付き、1年と5日放置していたという事実に驚愕し…ません、いつものことだし(ここまであいさつ)

さて、一つ前の記事で
>次回「deuter Race EXP Air を背負いし者」
>この次もサービスサービスぅ♪
と書いたにもかかわらず1年放置とは何事ぞ、と怒られそうですが、デイパック(デイバッグとかDバッグとかいろいろ言っていますが、1日分の荷物が入る程度のもの。daypackの意味ですのでデイパックなんです。)なんて使ってみなきゃインプレッションなんてかけないし、無責任なインプレッションは書きたくないですからね。
決してサボっていたわけじゃないですからね……(; ̄3 ̄)〜♪


気を取り直して本題です。
デイパックを背負って走ると、冬でも背中が汗だくになりますね。「況んや夏をや」です。
で、その背中に蓄積する熱対策として、「deuter Race EXP Air」を導入してみたのです。
まずは実際に背負った状態をご覧頂きましょう。
bike15080101.jpg

お分かりいただけただろうか。
bike15080102.jpg

そう、背中とデイパックの間に隙間ができているのです。
なぜこのような形になるかというと、ザハ氏設計国立競技場のキール構造もびっくりの太いピアノ線が弓なりにバツ印を描いて、さらに弓の弦を張るようにメッシュのシートで上下を引っ張っているからなのです。
bike15080103.jpg

これによって背中とデイパックの間は広い空間ができて空気の通り道ができるため熱が極めてこもりにくくなります。
また、メッシュシートが背中に触れることを極力抑えるために3つのパッドを使ってデイパックを背中から浮かす工夫がなされています。
bike15080104.jpg

さらに、背負ベルトや腰ベルト部分も極力メッシュ構造にして、熱がこもりにくくする工夫がなされています。
bike15080105.jpg

実際、今までの普通のデイパックを利用していた時は、背中と背負ベルト部分が汗びっしょりになっていましたが、コレに変えてからそのような事象はほぼなくなりました。

続いて収納を見てみます。
メインの収納部分、後ろ下にファスナー付きポケットがひとつ、両サイドにメッシュのポケットがそれぞれ1つづつあります。
bike15080106.jpg

まず、メインの収納部分です。
中の背中側には内ポケットが付いています。背中が反っている関係で、ちょっと窮屈な感じはしますが、1泊2日の出張に持っていくA4ノートパソコンと着替えくらいは楽勝で入ります。
bike15080107.jpg

また、荷物が増えても横のファスナーをぐるっと一周開けると、内容量が一回り大きくなります。
bike15080108.jpg
bike15080109.jpg

さらに、背中のピアノ線の真ん中近くを固定しているベルクロを外してピアノ線をすこし横にずらすとアーチが緩くなり、さらに容量がアップします。
bike15080110.jpg

キャメルバッグとして使用することもできます。バッグの中に飲料用のボトルを設置して長いチューブを「H2O」の出口から出せばキャメルバッグの完成です。
bike15080111.jpg

次に、後ろ下にファスナー付きポケット部分です。
メインポケット、左右2つに仕切られたメッシュのポケット、ファスナー付きポケットの三層構造で、その他に鞄の中に入れたら見つけにくくなりがちなカギなどを付けておくのに便利なフックが付いています。
bike15080112.jpg

次に、サイドのポケット部分です。
フチの部分がゴムで出来ている単純なメッシュのポケットです。
デイパックを背負うと、ジャージのポケットが使いにくくなりますので、ここにスマホや財布を入れることが多いです。500mlくらいのペットボトルやちょっとしたおやつを入れるのにも向いています。
bike15080113.jpg

次に、後ろのポケットの下にあるファスナーの正体を明かしましょう。
bike15080114.jpg

なんということでしょう〜
上端にフック付きのゴムひもが付いた伸縮性のあるメッシュが出てきて、ヘルメットを包み込むように固定することができました。
bike15080115.jpg

さらに、底にあるファスナーの正体を明かしましょう。
bike15080116.jpg

はい、皆さんの予想どおりです。レインカバーです。今まで何度か雨で使いましたが、全く中身は濡れません。しかも、目立つ蛍光イエローに「deuter」の文字とロゴが反射するので、雨天・夜間でも目立つことまちがいなしです。
bike15080117.jpg

細かいところですが、メインのファスナーにはホックが付いていますので、知らない間にファスナーが開いていたという事故も避けられそうですね。
bike15080118.jpg

最後に、右側の背負ベルトについているベルクロです。これ、正直なんなのかよくわからないのですが、考えられるとすればスマホや携帯電話のイヤホンマイク固定用でしょうか?キーホルダーなども固定しようと思えば固定できます。ちなみに皆さん承知だとは思いますが、両耳を塞ぐイヤフォンやヘッドフォンの使用は違反ですのでくれぐれも使用なさらないようにしましょう。ちなみに骨伝導なら耳を塞がないから大丈夫なのかな?
bike15080119.jpg

  

さて、今日も汗だくになって2時間も走ったし(そのあとにモスチーズバーガーとフライドポテト食べたから台無しのような気もするけど……)来週もがんばるぞぉぅ!


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。


ロードバイク用品

SHIMANO(シマノ)SM-SH11クリートセット@初心者のためのロードバイク入門

 
子どもたちは夏休みに入り、うちの隣の市民プールになだれ込んで金切り声にも近い歓声をあげているわけですが、この歓声が微笑ましいを通り越して一種の凶器のようにも感じたりするものの、仮に子供の元気が無い社会だったとしたら凶器ならぬ狂気だなぁなんて思えば、子供の歓声もまた夏の風物詩、風鈴の音色のようなものに感じr…やっぱりうるさい今日この頃、皆様におかれましては日焼け止め対策と熱中症対策は万全にしておられますでしょうか(ここまであいさつ)

さて、増加の一途をたどる体重と腹回りを何とかすべく、週末は上記市民プールで泳ぎ、平日は可能な限り自転車通勤として、晩酌もやめた結果、体重と腹回りの増加傾向にストップがかかり、徐々に減少する傾向が見られ始めたため、ますます禁酒と自転車通勤に精が出てきたわけです。

そんな金曜日の朝、いつものように自転車で会社に向かおうと自転車を漕ぎ始めたところ、さっきパチッ!って音をたててペダルのビンディングにハマったはずのシューズがクニュッ!っ外れてしまったではないですか。
ちゃんとハマってなかったかな?と3度ほど試しましたが結果は変わらず。
自転車を停めて見てみたら、クリート(シューズの裏に付いている、ビンディングペダルにハマる器具)の先端部分の引っ掛けるための出っ張りが完全に擦り切れてなくなっているではないですか。
お前はバイクシューズ履いてジョギングしたんじゃないか?ってくらい見事に擦り切れておりました。
bike140727_1.jpg
ピンぼけでよく分からんですね…

ひとまず会社までの12kmは騙し騙し漕いで出勤し、会社に到着と同時にAmazonでポチりましたよ。
帰りも騙し騙しで帰り着いたら、土曜日にはAmazonさんから新品のクリートが届きましたよ。


早速古いクリートを外します。
bike140727_2.jpg

せっかくなので、ここで靴底を綺麗にしてから新しいクリートを取り付けたいところですが、元あった位置と違うところに付けちゃうと嫌だし、クリートが付いていた部分はほとんど汚れていないし、なのでそのまま新しいクリートを元あった位置に付けちゃいます。
元々付いてた位置だけ綺麗なので、元あった位置に間違いなくバッチリ付きます。
bike140727_3.jpg

はい!完成♪
あとは、お好みで靴底を洗うなり靴そのものを洗ってくださればと思います。
新しいクリートはパチンッ!って音をたててキッチリハマりました。
知らないあいだに緩んで外れやすくなっていたクリートに慣れちゃってたので、信号待ちで止まるときに「クリートが外れないっ!」ってなって立ち転けしないように気をつけなくっちゃね。

予告
自転車での移動で荷物があるときに、デイパックを使うと背中が汗だく、メッセンジャーバッグを使うと前傾時にかばんが前にすべり落ちる。
そんな不具合を解消するために新たなアイテムがついに導入された!

次回「deuter Race EXP Air を背負いし者」
この次もサービスサービスぅ♪


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

ロードバイク用品

Panasonic(パナソニック)LEDかしこいテールライトSKL090@初心者のためのロードバイク入門

 
ゴールデンウィークも終わり、気がついたら今年もあっという間に1/3が過ぎ去り、GW中の飲み食いとグウタラ生活で腹回り付いた脂肪だけが残った今日この頃、皆様におかれましては5月病になっておりませんでしょうか(ここまであいさつ)

さて、だんだんと日が長くなってきたおかげでテールランプの出番が徐々に少なくなりつつありますが、薄暮時から夜間にかけて、自分の身の安全のためには重要なアクセサリーであることは間違いありません。
私はこれまでキャットアイ(CAT EYE)3モードフラッシングライトレッドTL-LD130-Rを使用していました。
まあ定番中の定番ですよね。

ところがさすがに5年も使うとどこかに異常が生じたらしく、使ってなくても電池が1週間位でカラッポになるようになってしまったのです。
一時期はエネループを使ったりしていましたが、あまりに頻繁な電池交換に疲れましたので新しいものを買うことにしました。

新しいテールライトは、つけ忘れの防止や昼間のトンネルでの走行にも便利な自動点灯式のものにしようと考えていました。
今時期は、走り始めはテールライト不要なくらい明るいのに、帰り着く頃は真っ暗なんでこともままあるので、走行途中で点灯スイッチを入れる手間がかからないのも魅力です。
最初に目をつけたのは、今まで使っていたキャットアイの製品でキャットアイ(CAT EYE)オートライトSL-LD210-Rソーラーパワーリア用というものでした。
ソーラー発電で電池の消耗を防いでくれるすぐれものらしいのでかなり惹かれました。

けど、私の場合、家での保管は室内、職場での保管は屋根付き駐輪場で日当たりが悪いこと、LEDが1個で明るさに不安があることから見送りました。

次に目をつけたのがタイトルにあるPanasonic(パナソニック)LEDかしこいテールライトSKL090です。

amazonでのベストセラーになっていますし、数多いカスタマーレビューもすこぶる良いです。
ということでポチって、本日装着いたしました。
キャットアイみたいに工具いらずで取り付けられるアクセサリーに慣れてしまっていたので、取り付けにプラスドライバーが必要なのは手間ですが、安心感たっぷりのしっかり装着が出来ました。
結構スタイリッシュです。
bike140518_1.jpg

取り付けたのが昼間なので、点灯させることができませんでしたが、夜間暗い室内で少しだけ振動を与えてみましたら、15秒ほど点滅が続いたあとに消えました。
長い信号待ちだと、こまめに振動を与え続けないと、信号待ちの途中で消えてしまうかもしれませんが、節電を考えたら15秒は良い長さかもしれません。。
明るさは、3個のLEDのお陰でかなり明るいので、後続車へのアピールは十分でしょう。
さて、明日から腹回りの脂肪を落とすべく、バイク通勤改め自転車通勤にしましょうかね。
 


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイク用品

「通常の3倍屋。」さんのご紹介@初心者のためのロードバイク入門

 
桜も散って葉桜となり、朝夕もポカポカ陽気になってきて「ああ、寒くない、自転車に乗るのにいい季節になったなぁ」と久しぶりに自転車に乗ってみたら、実はとっくに自転車に乗るには暑すぎるくらいの季節になっていたことに驚愕しつつ、足腰が鈍っている事実に再度驚愕する今日このごろですが、皆様におかれましては日焼け止め対策は万全でしょうか?(ここまであいさつ)

さて、以前「オリジナルジャージを作りました」という記事を書いたことがあるのですが、私達のチームのジャージにはオリジナルのマスコットが描かれています。
100216maa.jpg
これは、チームの中に絵が好きな人がいて、その人が描いてくれたものです。

さて、うちはそういう人がチームにいたから良いのですが、そうじゃなきゃどうします?
ということで、やっとタイトルの「通常の3倍屋。」さんのご紹介になるわけです(前振り長すぎ…)

「通常の3倍屋。」さんはイラストを描いたり、ロゴを作ったりしてくれるデザイン屋さんです。
店主「しゃのあ〜る。」さんはバイク、車、ダイビング、猫、ハムスター・・・etcが好きな素敵(で、かなり天然)な女性です。
お願いしたら3倍頑張るらしいので、ぜひ利用してみてください。
どれくらい天然か?という点に興味をもった方もぜひお仕事を依頼してみてくださいw
通常の3倍屋。さんには↓から行けます。
「イラスト描きます。ロゴマーク作ります。何でもやります。3倍がんばります。」
通常の3倍屋。

>banner_01.png


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイク用品

タイヤ交換しなきゃ!(その2)@初心者のためのロードバイク入門

 
天気は悪いわ、定期異動期で歓送迎会の飲み会は多いわで、すっかり乗る機会を失うわ、土日は疲れ果てて寝こけて気がついたらあっという間に休みが終わるわで、体重もすっかり増えてしまった今日このごろ、皆様におかれましては肝臓は無事でしょうか?(ここまであいさつ)

さて、前記事で購入するタイヤを決定しましたが、その後購入いたしまして我が家に届いておりました。
が、が、前述あいさつのとおりで、さっぱりタイヤ交換する暇もなく、届いたタイヤは放置状態でした。
bike130706_1.jpg
しかし、偉い人は言いました。
「時間ができるのを待つのではない。時間は作るのだ。」と。
って、実際どこかの偉い人が言ったのか実は定かではないのですが、よく聞きますよね。

ってことで、晴れ間が無いなら屋根の下でやればいいじゃない。昼がダメなら夜にすればいいじゃない。ってマリー・アントワネットな感じで(後年、「パンが無ければ…」は彼女の発言ではないことが分かったようですが…)雨降る休日の夜に部屋でタイヤ交換をすることにしました。

タイヤを取り出した箱の中に交換手順が書いてありますよ。
bike130706_2.jpg
絵だけ描いてあって説明が一切無いので、私が説明を補完しましょう(合っている保証なしw)。
1 リムにタイヤの片側を取付ます。
2 チューブのバルブを穴に通したら、ちょっと空気を入れます(チューブ取り付けの際のチューブのねじれ防止の為)。
3 バルブを指で少し押し込んで、チューブをビードで挟まないようにもう片側をはめ込みます。
4 左右を同じようにリムにはめ込んで行きます。
5 残り15〜20cm位になったらチューブの空気を抜きます。
6 残りの15〜20cmを指を使って押しこむようにはめ込みます。タイヤレバーを使っちゃダメよ(レバーで挟んでチューブが切れる可能性があるからです)。
7 チューブがリムとタイヤに挟まれていないか確認するために、バルブを動かしてみましょう。
8 バルブがちゃんと動くことを確認したらバルブのネジを止めましょう。
9 空気を115PSI入れます(空気を入れる前に、全周ビードでチューブを挟んでいないか確認したほうが良いと思います)。
10 左右の全周が均一に出ているか確認して、綺麗に出ていたら完成です。

ということで、早速始めます。
まずタイヤを取り付けて…
bike130706_3.jpg
行程5までは楽勝でしたが、ここから先がさっぱりリムに入って行かない。
硬いって話は他のブログでも見たけど、マジ硬い。
このままじゃ親指の皮がズルッとズレそうだ…ってことで…

ちょっときたない足を見せますよ。
bike130706_4.jpg
足でホイールが動かないように押さえつつ、右手の指で反対側を引っ張りあげつつ、端から少しづつ左手親指でタイヤを押し込みます。
こんな感じ。
bike130706_5.jpg

で、無事にタイヤが付いて、一気に行程10までクリアしたら車体に取り付けますよ。
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
カコイイ!!!
bike130706_6.jpg
21歳の姪っ子もカッコイイって言ってくれてオジサン大満足ですよw

走ってみた感じは今までのタイヤよりちょっと硬い感じがしましたが、鈍感な私には大きな変化を感じ取れませんでした。
今まで使っていたタイヤの重さが実測で241g、今回のVREDESTEIN(ヴェレデスティン) FORTEZZA TriCompが221g(カタログ値232g)と20g軽くなったから、少しは速くなるかな?
個人的にはイタリアンカラーになったので満足なんですが、今後走りにも変化を感じたらこのブログで報告します。


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。

ロードバイク用品

タイヤ交換しなきゃ!(その1)@初心者のためのロードバイク入門

 
前にも書いたことがありますが、「タイヤ交換」の文字を見て「おっ、タイヤ交換の手順・方法が書かれているのかな?」と思っておいでになった方もおりますでしょうが、横着者の私が書く記事ですので、タイヤ交換の手順とか書いてありません。
そのような需要で来られた方は読むだけ無駄かもしれませんので予め了解いただきたく。

ということで、サボり魔な私ですがそれでもわずかづつは走っており、タイヤは確実に減ってきております・・・が、実はまだ交換するほどでは無いのが実情です。
ではなぜ替えるのか?

理由は2つあります。
一つ目の理由は「車体をもっとイタリアンな感じにしたいから、緑色が入っているタイヤに付け替えたい。」です。
バカだねー!って思う方も居られましょうが、元々ファッション感覚で乗り始めたのですから、これくらいのことは余裕で考えますよw
で、そんなこと考えつつもタイヤが減らなきゃ替えられないじゃないかと思っていたら二つ目の理由が発現。
二つ目の理由は「車体の掃除中にタイヤ側面に大きな傷を発見したから」です。
どのくらいの深さか分かりませんが、高い空気圧で高速走行する自転車ですから、途中でバーストされてはかないません。
タイヤを交換するには十分すぎる理由でしょう。

ということ、緑色が入ったタイヤの候補を上げました。

品名SERFAS(サーファス) タイヤ セカレーシングRSVREDESTEIN(ヴェレデスティン) FORTEZZA TriComp
重量210g232g
空気圧125psi116〜174psi
コンパウンド58/60-
ビードケブラーケブラー
生産国アメリカオランダ
希望小売価格3,990円5,040円
amazon価格

品名MAXXIS(マキシス) デトネイターフォルダブルPanaracer(パナレーサー) カテゴリーS2
重量235g240g
空気圧120psi100〜125psi
コンパウンド57/62-
ビードケプラーアラミド
生産国台湾日本
希望小売価格3,990円2,400円
amazon価格

緑が入ったタイヤとなるととても選択肢が狭まります。
ミシュランやコンチネンタルにも素敵なカラータイヤはありますが、緑はありません。

ということで、いろいろなインプレッション等を読み漁った結果「VREDESTEIN(ヴェレデスティン) FORTEZZA TriComp 700X23 全天候型コンペティションタイヤ」を購入することにしました。
ええ、今から買うんですよ?それがどうかしましたか?

ということで、次回装着編をお楽しみに〜


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイク用品

夜間走行の安全性を考えてみる(その4)@初心者のためのロードバイク入門

 
最近一気に冬型の気候になり、前夜に決意した「明日の朝は自転車に乗ろう」という気持ちも朝の寒さにスッカリやられて、ロードバイクはだんだん床の間の飾りになりつつあるものの、「私は先週の三連休でキッチリ自転車を磨いたので床の間に飾っても恥ずかしくないぞ」と違うベクトルに力を注ぐ今日この頃、皆さんの自転車は磨かれていますか?(違)(ここまであいさつ)

さて、あまりにも長時間「キャットアイ(CAT EYE) Nano Shot+ HL-EL625RC」について放置していると、夏がきそうなので書ける分だけでも書いておきます。
前回書きましたとおり、「キャットアイ(CAT EYE) ECONOM Force RECHARGEABLE HL-EL540RC」と比較しちゃいます。
スペックを簡単に比較してみます。
品名HL-EL625RCHL-EL540RC
明るさ5000カンデラ4000カンデラ
照射範囲拡散集中(台形)
充電方法USB充電AC100V
充電時間8時間5〜7時間
点灯時間
ハイ/ロー/点滅
1.5h/4h/2h5h/15h/60h
本体寸法96.4×58.6×35.6mm114×56×53mm
重量160g227g
希望小売価格12,600円8,400円
amazon価格
「照射時間は犠牲にしてもいいから少しでも明るく」とか「1gでも軽く」とか「スタイリッシュなのが」という方はHL-EL625RCがお薦め。
「照射範囲は犠牲にしてもいいから少しでも長時間」とか「1円でも安く」とか「乾電池でも使えるのが」という方はHL-EL540RCがお薦め。
こんな感じでしょうかね。
正直どちらも明るさは十分です。
なんとかその明るさが視覚的に分かる写真なり動画なりを掲載したいものです。

(24.11.30追記)
なんとなく分かる写真が撮れましたので載せておきます。
ブラケットは全て同じなので、ブラケットそのままでライトだけ交換して撮影しました。
実際の見え方はもう少し明るいです(撮影地:多摩川サイクリングロード)。
【HL-EL625RC】
bike121128_4.jpg
【HL-EL540RC】
bike121128_5.jpg
ちなみに今回明るいヘッドライトを検討するまで使用していた【スーパーホワイトヘッドライト】はこんな感じ………
bike121128_6.jpg
真っ暗ですやん…よくこんなんで走っていたものです…本当に危ない……
(追記ここまで)

さて、実際の取り付け後の写真も掲載しておきましょう。
HL-EL625RCの次に前回掲載したHL-EL540RCを掲載して比較しやすくしておきますね。
bike121128_1.jpg
bike121009_5.jpg
bike121128_2.jpg
bike121009_6.jpg
bike121128_3.jpg
bike121009_7.jpg

さあ寒さに負けず、暗い夜道も頑張って走りましょう!

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイク用品

夜間走行の安全性を考えてみる(その3)@初心者のためのロードバイク入門

 
前記事で書いた「キャットアイ(CAT EYE) Nano Shot+ HL-EL625RC」ですが、実はとっくにポチッて手元にあるのです。
bike121113_1.jpg
けどレビューはちょっとだけ待っててね。
とってもいいものだけど、前に紹介したコレ↓

も良い物なので、その良さの方向性がどう違うかっていう説明を書きたいわけ。
けどそれって結構時間がかかるのよ。
でも残念ながら今その時間がないのね。
いやホントもうちょっとしたらレビュー書くんで、待ち切れない人は気に入ったほうを買えばいいと思うの。


そうそう、レビューといえば、同じく前記事で紹介した北条晶せんせいの「自転車女子はじめました」も、とっくの昔に手元に届いています。
bike121113_2.jpg
やっぱ自転車って楽しいものだよなぁ、って気持ちを再認識させてくれる良い本です。

自転車女子部員が居なくて悩んでいる自転車部は、布教用に買えばいいと思うよw

ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

書籍

「自転車女子はじめました」発売とヘッドライト再び

 
竹書房まんがライフWINのゆるっとCafeで連載されている北条晶せんせーの「自転車女子はじめました」が10/25に発売されます。
twitterでフォローしておるのですが、このせんせーがなかなか面白い方で、表題のマンガも実にユニークで楽しいので紹介しておこうと思った次第です。
掲載第1話と最新2話は以下で読めますので、ご興味の向きは一度ご覧になってください。
http://mangalifewin.takeshobo.co.jp/yurutto/rensai/jitensyajoshi/
「自転車って楽しいものだよなぁ」って気持ちを再確認することができると思います。
私も読んだ人がそういった気持になれるようなブログを目指したいものです。


さて、先日自転車のヘッドライトを買い換えて「ちょー明れぇ〜!」とはしゃいでいたわけですが、この記事「夜間走行の安全性を考えてみる(その2)@初心者のためのロードバイク入門」読んで「俺も買っちゃおうかなぁ」と思った人はちょっと待った!
私自身この明るさには十分満足だし、値段もお手頃とは思っているのですが、同じくらい明るくて、もう少し周囲まで照らされて、けどスリムなものがあればもっといいなぁ、とも思っていたわけですよ。
そしたらなんかそれっぽいのがあったんです。
それが「キャットアイ(CAT EYE) Nano Shot+ HL-EL625RC」です。

先日紹介したのと比べれば値段が倍ほど高いのですが、カスタマーレビューを読めば読むほど欲しくなってしまうのです。
ということで、おそらく近日中に購入してレビューしたいと思いますので、判断材料のひとつにしたい方は楽しみにお待ちくださいませ〜、というお知らせでした。


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

ロードバイク用品

夜間走行の安全性を考えてみる(その2)@初心者のためのロードバイク入門

 
「では明後日までさやうなら(^-^)/~~~」という締めで記事を終えてから早3週間が経過しても今だ記事は更新されず、「筆が遅いのは相変わらずだなと」呆れられているかもと思いつつ、呆れるほどコアな常連さんなんて一人も居ないんだったと気づいて、朝夕の寒さとも相まってちょっと寂しい気分になった今日この頃、皆様におかれましては食欲の秋を堪能されていますでしょうか?(ここまであいさつ)

さて、まずなんでこんなに記事の掲載が遅くなったかという言い訳をさせていただきますれば、「すっげー明るいぃぃ!」って写真なり動画なりを掲載しよう思って何度か挑戦したのですが、良い写真や動画がなかなか撮れなかったため記事を書けなかったわけです。
まあ、結局写真も動画も諦めたわけなので、無駄に時間を食ったわけですが。

で、着けて点けてみました。
「何これ!スッゲーー!!明るい明るいひょほほほほ〜〜〜!」
こんな感じです。
たぶん江戸時代にタイムスリップして、提灯で夜道を歩いている人に「コレどうぞ」って懐中電灯を差し出したらこんなリアクションなんだろうと思います。
照らす範囲が限定的な分、照らす範囲は明るくて、下手な原付より明るいと感じましたね。
今まで点けていたのはポジションランプでした。
これこそヘッドライトです。
そのうち写真か動画が上手く撮れたら追加的に掲載いたします。


で、実際どんな感じか紹介します。
中身は、本体とブラケットと充電式の単三電池4本と充電用ACコードです。
ちなみにブラケットというかマウントの形状は、今まで使っていた「キャットアイ スーパーホワイトヘッドライト」と同じです。
bike121009_1.jpg

その「キャットアイ スーパーホワイトヘッドライト」との比較はこんな感じです。
さすがに大きいです。
bike121009_2.jpg

充電の差込口は下側に付いており、ゴムのキャップが水の進入をかなり高い確率で防いでくれそうです。
bike121009_3.jpg

バッテリーが弱くなるとスイッチの周りの透明部分が赤く光って知らせてくれます。
突然電池が切れて真っ暗になることがないので安心です。
bike121009_4.jpg

実際に取り付けた感じを参考まで載せておきます。
bike121009_5.jpg
bike121009_6.jpg
bike121009_7.jpg

さあこれで暗い夜道も前より随分安全に走れるようになりました。
日没が早くなってきたので活躍してくれることでしょう


ブログランキングに参加しています。
応援クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ


「初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味」トップページに戻る。
 

<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>

初心者のためのロードバイク入門@自転車が趣味



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。